国際大会

私は子供の頃から家に卓球台があって毎日遊んでいました。
中学では卓球部に入っていましたよ。私も大きくなったら国際大会に出ることがゆめでした。
卓球がオリンピックの正式種目になったのっていつからかというと、1988年のソウル大会からみたいです。
当時は、今と違って男女のシングルスとダブルスの4種目だけがおこなわれていたようで、2008年北京大会から、ダブルスの団体戦に種目が変更されました。
日本が初めてメダルのを獲得したのが、2012年のロンドン大会での女子団体で、福原愛ちゃんや石川佳純m平野さやか選手のメンバーで銀メダルをかくとくしましたね。これテレビで見ていたら、よく覚えています。

やっぱり強い選手ってサーブはもちろんなんだけど、レシーブが上手いよね。
今は、インターネットでいろいろな情報があるから便利になってきたんだけど、卓球のレシーブに関する情報って今ひとつ少なくて、困っていたら、いい教材を見つけたよ。それは卓球レシーブ攻略プログラムです。早速、購入しちゃった!!
そういえば、2016年のリオデジャネイロ大会では水谷隼選手が同メダルと、大活躍したのはつい最近のことなので、はっきり覚えています♪
そして、2020年の東京大会では、新たに混合ダブルスが加わるから、5種目になるみたいです。
今は中国が強いけど、2017年の世界選手権では混合ダブルスの優勝のほか、合計で5つのメダルを日本が獲得したね。
若手選手が出てきたことで、卓球日本の復活の兆しも見えてきたように思います♪

コンプレックス

先日、ある女性雑誌をパラパラとめくっていたら、現在の若い女性の悩みベストテンという興味深い記事を見かけました。
それによると、コンプレックスにトップにあげられていたのが、太っていること。
そして、その次にあげれていたのが、顔が大きいとという悩みです。
それを見て私は、やっぱりと思いました。友達も悩んいる子が多かったからね。
私の今のコンプレックス、悩みは、昔から目が小さくて瞼が腫れぼったい感じだったんですが、それが年をとるにつれて、ますます酷くなってきたことです。それまでも気になっていたんですけど、生まれつきだからしょうがいと思っていました。
でも、以前より目立つようになってきたので、何とかしたいと切実に思っていました。(>_<) それに目もぴくぴくしてケイレンを起こしていたんです。 各段痛いというわけではありませんが、気分的にも良くないので、どうにかしたいと思っていました。 そんな時に私が知ったのが、まぶたが下がるを改善するクリームです。
使ってみると、瞼もスムーズに動くようになったし、気持ちも軽くなり性格が明るくなってきたかな。
それに、いつも目がはれぼったくて、思い感じがいていたのも少しずつ解消した感じです♪
でも、最初はそれほど期待はしていなかったんですけどね。
おかげまさまで、仕事のほうも調子がいいし、表情も豊かになった感じがしています。

平安時代の女性

先日、テレビを見ていたら、平安時代の女性の美についての番組がやっていました。
特に平安時代の人々は、かなり奇抜な美意識を持っていたいようですよ。
当時にすればハイセンスだったと思うんですけど、メイクアップやヘアケアだけをとっても、驚かされるものがありますからね( ゚Д゚)
メイクアップの一番のポイントは、眉の脱毛でした。眉毛があると白粉のノリが悪くなることから、1本残らず抜いていたそうです。
何か今の時代と比べたら、美意識もずいぶん違い、眉毛全部脱毛するのはちょっと怖い気もするんだけど・・・・。
毛抜きでやっていたんでしょうから、かなり痛そうですね。

私も、脇毛など時々抜くんですけど、面倒です。
で、福山市の脱毛サロンに行こうと思っているんですけど、どこがいいのか?調査中です。
話がそれてしまいましたが、平安時代の女性って白粉を象牙ぺらにつけてたっぷり厚塗りし、唇まで真っ白なのっぺら状態にしたうえで、実際より少し上、左右の間隔を広くとった位置に眉を薄く描いていたようです。
眉は離れていればいるほど高貴だとされいたんだって。
また、化粧をしたとは、無表情を心掛けていたそうです。一方で髪は、黒くて長ければ長いほど美しいとされていたそうです。そのケアには並々ならぬ努力が必要だったんだろね。
当然、毎日のお手入れも、さぞかし大変だったことでしょう♪